ジャンプスターターって?

みなさんはジャンプスターターってご存知ですか?

これがあればとある緊急時に非常に役立ち、ピンチを脱出することが可能です。
正直言って、そこまで遭遇率の高いピンチではないのですが、
備え有れば憂い無し。


準備しておくことに無駄なんて有りません。


このピンチというのは、車に関係するものです。
日常的に使用するものである車。

毎日乗る人も、たまにしか乗らない人も、注目必須です。
車に乗っていたら発生する確率が0ではない事故。

そう、衝突事故!ではありません・・・
それは、バッテリー上がりです。


車を長時間使っていたりするとバッテリー上がりの発生する可能性が格段に上がります。
特に、普段は出勤や買い物程度にしか使用していないけど、お盆休みなんかに長時間移動を車で行なったときなど、
バッテリー上がりが発生する可能性が格段に上がります。

久しぶりの家族旅行のさなか、高速道路で渋滞に巻き込まれて、
車は進まないのに、エアコンなどでバッテリーが上がって動けなくなってしまう。
そんな事故は起こしたくないですよね。

もし起きてしまったときに自分で対処できるようにするために、
もしものときに備えて小型のジャンプスターターを常備しておくと、
困ったときの助けになるはずです。

小型のジャンプスターターを選ぼう

現在では非常に小型化したジャンプスターターですが、
一昔前は、非常に大きくて重いものでした。

それこそ、車のトランクを軽く圧迫してしまう程度です。
正直いつバッテリー上がりが発生するかわからないのに、
そんなでかいものを乗せては置けないですよね。

現在はほんとに小型になりました。
比較するならば、主流のスマートフォンよりもほんのすこし大きいくらいです。
車のサイドボードや手持ちのかばん、はたまたGパンのポケットにだって入る大きさです。


しかも、最近のものは車のバッテリー回復のみでなく、
専用ケーブルで各種スマホのバッテリー回復、もしものときのLEDライトがついてるといった、
非常に多機能なものになっています。


普段はスマホの充電器としてかばんに忍ばせておいて、
いざというときは、車に乗せておいた専用ケーブルを繋いでバッテリーに接続し、
車のバッテリー回復に貢献します。


値段は地味に高く感じてしまうかもしれませんが、
実は車の緊急事態に助けを呼んだりすると、
最悪の場合、倍近く費用がかかってしまうこともしばしば。

たった一回の救援で倍以上の値段を取られるのならば、
ジャンプスターターを買って、普段は充電器として使ったほうが何倍もお得ですね。